「浮気調査日報」カテゴリーアーカイブ

同じ社内で②

その友人とは、それをきっかけに、連絡を取るようになりました。その友人から主人の噂を聞いたのです。

いつもは会社の飲み会と言っても部署ごとがほとんどで、主人と一緒になった事はないが、たまたま、友人の部署から主人の部署に異動があり、合同で飲み会をしようということになったようです。そこで、主人が家の用事かあると言って1次会で帰ったそうです。そのとき、友人が「〇〇課長って家庭思いのいいパパなんですね」と言うと、それを聞いた同僚がにやにやと笑いながら教えてくれたそうです。

 

 

同じ社内で①

30代女性からの依頼。結婚5年目、2歳の子供がいる。ご主人の浮気調査の依頼だ。

ご主人が浮気をしているのは間違いなさそうで、相手の女性もわかっているという。

地元の中堅商社に勤めるご主人は課長職で数人の部下がいるが、残業や接待、部下との親睦会と称した飲み会などで毎日帰りが遅い。

毎日帰りが遅い主人に不満を感じながらも、子育てに忙しく、ゆっくり話をする時間も持てませんでした。

主人の浮気の噂を聞いたのは、半年ほど前、昔仲の良かった友人に偶然会った時、その友人は少し前から働き始めたといい、会社名を聞くと、偶然にも主人と同じ会社で、部署は違うけど、何度か挨拶はしたことがあるということでした。友人も驚いていました。その時、連絡先を交換して、また時間のある時にゆっくり話をしようと言って別れました。

 

つづく

単身赴任のはてに②

調査は難しいものではなかった。単身赴任先のご主人のアパートを張り込むと、ほぼ同年代と思われる、女性と一緒に暮らしているようだ。女性の事を詳しく調べると、バツイチで現在独身。もう10年近く前に離婚しているので、離婚の原因が依頼者のご主人ということはなさそうだ。

調査報告書をまとめ、依頼者にお渡しすると、さっと目を通され、顔色一つ変えず、丁寧に礼を述べられ帰られた。

さめているのか、感情を押し殺しているのか・・・

娘の婚約者③

仕事の勤務態度もいたってまじめで、女性関係も問題ない。金銭的にもこれと言ってトラブルを抱えていない。男性側の親族にも目立った問題もない。娘さんがご両親に会わせたくない理由は特に見当たらないように思えた。調査結果をご両親に伝え、ご家族でよく話し合うことを勧め、調査を終了した。

調査後、奥様から連絡があり、娘が正式に婚約したとの報告を受けた。

両親ともに教師という家庭で育った娘さんは研修とはいえパチンコ店で働くというのを両親がいい顔をしないのでは?というのを気にしていたとのことだった。

しかし頭が堅いと思っていた父親に、職業に貴賤はない。その人自身がどういう人間なのかが大切だ!そういうお前が色眼鏡で見ているのではないのか?と言って、娘を叱ったようだ。とりあえず、めでたく婚約に至ったようで何よりだ。

 

娘の婚約者②

調査開始。

娘さんと男性は一緒に暮らしているようだ。

朝、娘さんが会社へ出勤する。男性はまだ部屋にいる。

1時間ほど後に男性が部屋を出ていった。尾行をする。

パチンコ店へ入って行った。パチンコ店の従業員ということがわかった。

女性関係は他にはなく、真面目に仕事をこなしている。

調べを進めると、現在はパチンコ店の店長をしているが、本来は本部の幹部候補として研修として現場を回っているということだ。仕事ぶりは至っては真面目である。

パチンコ店の経営母体はいろいろなアミューズメント系の施設を何店舗も経営している、それなりの大きさの会社で、収入面でも問題はなさそうである。

旦那の浮気③

さすがプロだと思えるほど、短期間で顔の判別もしっかりできる、裁判でも証拠として使える写真を何枚も撮って頂きました。

相手の素性もしっかりと調べて頂き、離婚と慰謝料請求をきっちりすることができました。

主人側はあっさりと離婚と慰謝料請求を受け入れました、あまりにもすんなりと事がすすんだので、主人も離婚したがっていたのではないかと疑うほどでした。

私は、しっかりした証拠が決め手だったと思っているので、相手がどう思っていようが、結果には満足しています。

悩まずに、相談してよかったと本当に思いました。

旦那の浮気②

証拠を集めると言っても、経験も知識も時間もない!ここはプロに任せるしかないと、探偵事務所を訪ねることにしました。
探偵なんて、初めてのことで、不安で仕方ありませんでしたが、主人の浮気を教えてくれた、友人に相談し、ネットでいろいろ調べ、探偵事務所を探しからはじめました。

探偵のイメージは昔見たテレビで、トレンチコートの襟をたてて帽子を目深にかぶり電柱の陰に隠れている・・・そんな想像をしていましたが、あれは大げさですね(笑)

スマホ離婚?!③

調査1日目

午前7時、依頼者のご主人が出勤する。
その後、全く動きがない。
昼過ぎになって、どこかへ出かけるようだ。
片手には携帯をもち、なにかしきりに操作している。
車に乗り込んでもまだやっている。
今から待ち合わせでもするのだろうか・・・

向かった先は郊外のショッピングセンターだ。
店内では何かを買う訳でもなく、ぶらぶらとウインドウショッピングを
楽しんでいるようだ。

時間でもつぶしているのか??

 

 

スマホ離婚?!②

奥さんは現在働いていないという。
結婚してからもフルで働いていたようだが、
忙しい職場だったらしく、体調を崩して、
退職したらしい。

それからは、しばらくゆっくりすることにして、
そろそろ子供も欲しいということで、いわゆる
妊活というのを始めたらしい。

調査日は、通院など、決まった予定がない
(ご主人が聞いていない)日と、ご主人が出張という日の
3日間の予定で調査をする。

 

 

 

 

 

 

突然、妻から離婚の申し出が・・・②

離婚を言い出されて、しばらくは落ち込んでいたが、
ある日、古くからの友人に相談をすると、
性格の不一致を理由に離婚を言い出したが、本当のところは
男がいたなんて言うのはよくあるはなしで、慰謝料だとか財産分与で不利にならないよう自分が不倫していることを隠しているんじゃないのか?と言われたというのだ。

確かにそういうケースは多々ある。
突然離婚を言い出して、何か怪しい、調べてみると不倫していて、さらには不倫している相手が妊娠していた、不倫相手と二重生活を送っていたなど、いろんな人がいる。

依頼人も妻が不倫をしているのではないかと疑い始め、離婚の本当の理由が知りたいと、調査を依頼してきた。